脱毛方法

光脱毛でやけどする原因とその対処法まとめ

最近の脱毛方法とは、光エネルギーを使った光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛が主流になってきました。確かに毛根から毛が抜けていき、すべすべした綺麗な肌になりますが、一方でやけどによる被害が非常に増えているようです。そこで、脱毛に関するやけどの原因と、もし火傷してしまった場合の対処法をご紹介していきます。

参考:光脱毛(フラッシュ脱毛)で毛が抜ける仕組みとメリットデメリットまとめ

光脱毛(フラッシュ脱毛)でのやけどの原因とは

光脱毛(フラッシュ脱毛)はメラニン色素に反応する可視光線を利用して毛根もろとも破壊します。この光は黒い色素に反応する性質を持っいるので、身体にある黒い部分には毛ではないとしても問答無用で熱で焼いてしまいます。それが光脱毛(フラッシュ脱毛)によるやけどの原因になります。

ほくろ

基本的にほくろには光脱毛(フラッシュ脱毛)をしてはいけません。光脱毛(フラッシュ脱毛)の光は黒に反応するため、ほくろにも反応してしまいます。この光は強力なため、ほくろが火傷をしてしまいます。そのため、通常ほくろ周りの毛に関しては脱毛することができません。しかし、シールを張ってほくろを隠せば、ほくろ周りに関しては照射することができます。ほくろが多い部分に関しては残念ですが、満足な効果を得られることは難しいです。対処方法としては手術でほくろを取った状態であれば、再び黒くなることはないので、再び照射することができます。

シミやニキビ

白ニキビなど炎症を起こしていないニキビなら脱毛することができると言われていますが、炎症状態の赤ニキビや膿の溜まった黄色ニキビには施術することができません。ニキビ状態の肌は普段以上に肌が敏感になっており、光を照射することで症状が悪化してしまう可能性があります。

また、色の濃いシミにも当然光が反応し、火傷させてしまう可能性があります。ほくろと同様に濃いシミの部分には保護シールを張ることでシミの周りにも照射することができるようになります。

光脱毛(フラッシュ脱毛)をするとほくろが増える?

光脱毛(フラッシュ脱毛)をするとほくろが増えてしまったというレビューや感想をたまに見かけます。しかし、原理上そのようなことはありません。単純にムダ毛が抜け落ち、今まで見えていなかったほくろやシミが目立つようになったからそう見えるだけです。

日焼けした肌

日焼けをすると皮膚がメラニン色素を取り取り込むため、色が黒くなります。茶色に焼き焦げた肌にも光は反応してしまうので、照射はNGです。光脱毛(フラッシュ脱毛)を行うなら、日焼けをする前か、もしくは日焼けから数か月経ち、色が落ち着いてきてから行うのが、ベストのタイミングと言えるでしょう。

タトゥー

黒を多く使ったタトゥーの場合にも光脱毛(フラッシュ脱毛)をすることができません。今までと同じく過剰に光が反応し、やけどの恐れがあります。そのため、もしタトゥーと脱毛を平行して考えている場合は、一度永久脱毛を行ってからタトゥーを入れるといいでしょう。もちろん、タトゥーの入っていない部分には照射可能なので、タトゥーをシールやタオルで隠してから行えば、脱毛することができます。

火傷跡やかさぶた

火傷跡やかさぶたは血液が固まっている状態です。血液は濃い赤色をしており、黒に近い色彩をしています。そのため、可視光線が反応してしまい、火傷の恐れがあります。

光脱毛(フラッシュ脱毛)でやけどしてしまった時の対処法

サロンでは十分に気を付けて施術を行うため、なかなかやけどをしてしまうということはありませんが、家庭用脱毛器を利用する場合、知識があまりない状態で行う人が多いため、やけどをしてしまうリスクは高いです。そのため、やけどをしてしまった時の対処方法をご紹介します。

やけどをしてしまった場合は、すぐに適切な方法で冷却をし、応急処置を行いましょう。簡単な方法としては、蛇口の流水で冷やすことです。患部にかけ続けるとやけどの部分をさらに刺激してしまうため、ゆっくりとしたスピードで患部周りから当てるようにしましょう。もし冷やし続けても一向に良くならなかったり、さらに痛みが増したり、腫れてしまった場合は、速やかに病院に行き、医師の判断に従いましょう。

こんな対処方法はNG

  • 氷を使う…凍傷の可能性があります。
  • 放置する…徐々に痛みが発生するやけどもあります。放置はさらなる悪化を招きます。
  • 水ぶくれをつぶす…水ぶくれは本来患部を守るために発生する治癒機能です。潰さないように注意しましょう。

 

 

まとめ

光脱毛(フラッシュ脱毛)は黒いメラニン色素に反応し、脱毛を行うため、元々黒いものに対してはすべてやけどの危険性があります。エステサロンではそのあたりに関して細心の注意をとって施術を行いますが、家庭用の光脱毛(フラッシュ脱毛)器を使っていると自己判断になるので、やけどしてしまう可能性が往々にしてあります。もし一人で行う際は、自身のほくろの箇所やシミなどをしっかり見極めてから行いましょう。