キャビテーション

自宅で行える!家庭用キャビテーションマシンを比較!

キャビテーションと言えば、特殊な超音波を使って、脂肪細胞を破壊する痩身方法です。

>>キャビテーションについて

破壊された脂肪はどうなるかというと、体内に滞留した状態になります。
エステサロンではキャビテーションとともにリンパマッサージなどを組み合わせ、
滞留した脂肪細胞や老廃物を体外に排出されるようなメニューが行われます。

また、今までの痩身方法の脂肪吸引と異なり、身体への負担も少ないのが特徴です。特に傷がついたりもしないため、クール期間もないのも人気の理由です。

しかし、エステで受けるキャビテーションはマッサージも付いているので、
効果は実感しやすいですが、値段はそれなりに高いです。

そこで、自宅で家庭用キャビテーションマシーンを利用し、マッサージを行ってしまえば、
低コストでキャビテーションの効果を実感することができますよ。

便利な機能が多数搭載したキャビテーションマシン

家庭用キャビテーションマシーンなら「キャビプラス」がおすすめ。
機器なら1回切りの値段で何度も利用することができ、低コストでケアを行うことができます。

家庭用キャビテーション機器 RFラジオ波・EMS・LED搭載 キャビプラス ホワイト
株式会社マインドエッジ
売り上げランキング: 43,552

キャビテーションはもちろんのこと、セルライトに有効なラジオ波、筋肉を振動させるEMS振動、肌の活性化に有効なLEDライトが搭載しています。
エステではそれぞれ別々に施術を受けなければいけないケアがたった1度に行うことができますし、
身体だけではなく、顔にも利用することができるので、小顔効果も期待できます。

また、最近の家庭用キャビテーションマシーンはコードレスのものが多いですが、それだと出力が小さく効果を発揮することができません。
キャビプラスはコードタイプ。そのため、高出力でより効果的に身体のケアを行うことができます。
コードレスの低出力の類似品も出回っているようなので、注意しましょう。

購入者の口コミ

Amazonや楽天のレビューを見ると高評価はもちろん低評価のものもあります。
低評価の中でよくあるものが、効果が実感できなかったというレビューです。

もちろん、人によって個人差はありますし、痩せている人と太っている人を比べると太っている人の方が結果は出やすいです。
また、その人の体調や新陳代謝によっても差が出ます。
キャビテーションは脂肪細胞を分解してますが、分解されたものは肝臓を通じて対外に排出されます。
そのため、肝臓がもともと弱っている人は溶けた脂肪はそのまま体内に滞留してしまいますし、代謝の悪い人の場合、そのまま残る率も多くなります。
残った脂肪細胞はまた結合し、脂肪になってしまうので、キャビプラスを使う前には代謝をよくする食べ物の摂取や水分を多めにとるようにしましょう。

代謝の良くなる食べ物

しょうが、ねぎ、にんにく、唐辛子、スパイス類、ごま、タンパク質、ビタミンB1・B2・B6を含む食品。

もし食事でこのような栄養素を摂取できない場合、

また、筋肉量が多い人の方が代謝は良くなるので、筋トレも併せて行うといいでしょう。

まとめ

キャビプラスのような家庭用キャビテーションマシーンは確かにそれ単体でも効果が出るような機能が搭載していますが、使う人の状態によって効果の有無が左右されてしまいます。
そのため、キャビテーションを行う前に自身の体調管理や食生活を見直して、痩せやすい代謝の良い身体づくりも同時に行いましょう。