美顔ローラー

美顔ローラーは効果あり?小顔になる正しい使い方

美顔ローラーは表情筋のマッサージや刺激により、血行を良くし、お肌を活性化することができる美容機器です。自宅で入浴後やテレビや雑誌を見ながらなど色々な場面で手軽に使うことができ、美容に関心のある人なら一度は使ったことがあると思います。美顔ローラーの効果と正しい使い方を知ることより、効率良く美顔ローラーを使うことができますよ。

美顔ローラーの効果とは?

リフトアップ・小顔効果

美顔ローラーは加齢に伴う老化現象を改善することができます。顔の筋肉は加齢と共に低下していき、それと共に頬が下垂してしまったり、ほうれい線がクッキリ出てしまったりなどの老化現象が起きてしまいます。特に現代人はパソコンやスマホ、本など、下を向いて作業する機会が多く、若くとも緩みやすい環境が多いです。顔が緩んでくるとほうれい線が鮮明になりやすくなったり、頬がたるみんで、ブルドッグ顔になっていきます。美顔ローラーを顔の上で転がすことにより、顔の筋肉を刺激し、表情筋を鍛えることができます。普段なかなか鍛えることのできない表情筋をマッサージし、鍛えることができます。リフトアップ効果や小顔効果が期待できます。

血行・リンパ流れの改善

もうひとつの大きな効果として、血行とリンパの流れを改善することができます。ローラーを転がすことにより、筋肉だけでなく、お肌の下の血管にもアプローチすることができます。顔は他の身体の部分と比べて大きく動かすことがし難い箇所です。そのため、老廃物が溜まりやすく、それが肌のくすみやの原因になります。美顔ローラーを転がし、マッサージすることよって、老廃物を流し、体外に排出されやすくするほか、新鮮な酸素や栄養素を含んだ血液を行きわたらすことができます。そうすることによって、お肌のターンオーバーも正常化し、今までよりもスキンケアがしやすくなるでしょう。

美顔ローラーの使い方

美顔ローラーは手軽にできる分、正しい使い方ができていない人が非常に多いです。そのため、効果がきちんと出る正しい使い方をしましょう。

やり方は非常に簡単で、鎖骨と首筋に向かってあごのラインを何度もローラーで転がして使用します。あご先から耳付近にかけて上向きに一定の方向で、動かします。また、首筋は耳の下から鎖骨にかけて下向きに動かします。この動作はそれぞれ50回ほど行います。顔は口元、目元、おでこに分けて行います。口元から頬を通り、耳の方向に、目元から耳の方向に、眉から髪の生え際に向かってそれぞれこちらも50回ほど転がします。

しかし、一回これをやることですぐには効果はできません。表情筋が鍛えられるのにも溜まっている老廃物が排出され、ターンオーバーが正常化するのも約1カ月程度はかかります。そのため、気長に毎日行いましょう。特にお風呂上りなど筋肉が緩みやすい状態の時に行うとより効果的です。

誤った使い方はNG

シミの原因に

強く何度も同じ場所で転がしてしまうとお肌はダメージを受け、お肌を守る防衛本能により、メラニン色素の生成を活性化させてしまいます。メラニン色素が発生すると顔にシミが発生してしまいます。せっかく美肌を目指しているのにもかかわらず、シミだらけの肌になってしまったらむしろ逆効果です。

肌のたるみの原因に

エステの小顔痩身術では顔が痛くなるほど強くマッサージしますが、美顔ローラーでは顔に痛みが伴うほど強く転がすと肌を傷つけてしまいます。肌にはコラーゲンとエラスチンが張り巡らされており、弾力やハリを保ってくれていますが、強いマッサージにより、それが切れてしまうとその部分の肌が下垂してしまいます。

乾燥肌の原因に

空いた時間いつもコロコロしている。そんな方は要注意です。顔の肌は他の部位よりも弱く刺激にかなり弱いです。ケアもなにもしていない状態で転がし続けると肌の細胞にダメージを与えてしまい、乾燥肌の原因になってしまいます。そのため、美顔ローラーの使用前にはスキンケアをしっかり行い、一日1回箇所約50回を守って毎日行いましょう。

まとめ

美顔ローラーは手軽に使えて、顔のリフトアップや小顔に効果的な反面、使い方を間違えるとむしろ逆効果になってしまいます。そのため、正しい使い方を毎日行いましょう。