脱毛全般

脱毛に必要な回数とは?効率良く脱毛を行う方法

脱毛にとても効果が期待できると言われているレーザー脱毛ですが、効果が表れやすい反面、痛みが強いためレーザー脱毛を避けてしまうという人を聞くことがあります。

脱毛をしたいけどレーザー以外の方法を知りたい……。そんな人に是非オススメしたいのが、光脱毛(フラッシュ脱毛)です。光脱毛(フラッシュ脱毛)はレーザー脱毛と比較し痛みがあまり感じられないと聞くことが多いですし、肌に対しても優しいといったメリットが多いためオススメです。しかし、光脱毛(フラッシュ脱毛)はレーザー脱毛よりも脱毛できる力が弱いため、何度か施術を受けなければなりません。

光脱毛(フラッシュ脱毛)に必要な回数とは?

150912235948_TP_V

光脱毛(フラッシュ脱毛)が必要な回数とは、個人差によって変わるため一概には言い切れませんが約5回~6回ほどで効果が期待できるといった方が多いです。しかし、この回数に関しても無駄毛の量や状態によって左右されるため、状態次第では10回以上の施術が必要になるという方もいます。

サロンでの脱毛を行う場合は、専門の方と自身の無駄毛の状態を考慮した状態で脱毛コースなどを選択されると良いかもしれません。しかし、専門の方の相談もありますが、サロンに通うことでのデメリットもあります。

光脱毛(フラッシュ脱毛)のデメリット

光脱毛(フラッシュ脱毛)をするうえでのデメリットは、脱毛の回数にあります。サロンに複数回通う必要があると、当然ながら費用が掛かってしまいます。部分脱毛でしたら少し安い価格でできる場合もありますが、全身脱毛となると回数設定が決まっており、3~4回で6万円から8万円まで掛かるものまであります。

脱毛をしようにもここまでの金額が掛かってしまうと脱毛を諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。そんな人に是非オススメしたいのが、家庭用脱毛器になります。

家庭用脱毛器エピルーチェのご紹介

脱毛に掛かる費用を軽減できるのが家庭用脱毛器を使用する事です。それが、サイト内でもご紹介しているエピルーチェ(¥29,800円)ですが、こちらは買い切りタイプとなっているため一度購入する以上に費用が発生する事はありません。

こちらの機器も最新の光脱毛(フラッシュ脱毛)であるIPL技術を搭載しており、肌に対して優しく、無駄毛のメラニン色素にのみ反応する光エネルギーによって脱毛する事が可能となっているため、肌に優しく効率のよい脱毛が期待できます。また、自身の気になっている箇所以外への脱毛も行う事が可能となっているため、持っておいて損はない脱毛機器となっております。

上記のような箇所に気軽に自宅でできるのが家庭用脱毛器の強みです。もし、家庭用脱毛器エピルーチェに興味がある方は、下記リンクよりご覧になってみてください。

>>家庭用脱毛器|エピルーチェはこちら<<

まとめ

今回は、個人差によって変わってくる部分になりますが、脱毛器で行った際の回数や家庭用脱毛器のご紹介をしてきました。やはり誰でも脱毛をするうえで費用を安く済ませたいという方が多いかと思われますので、家庭用脱毛器を使用する事でサロンと比較しても価格を抑えての脱毛をする事が可能なため、オススメです。