脱毛方法

光脱毛に起こりえる副作用とその対処法

光脱毛(フラッシュ脱毛)をしてみたいと思う人の中で副作用が怖いという人は意外に多いのではないでしょうか?どんな医療やエステでもそうですが、少なからず副作用は起こりえます。そこであらかじめ光脱毛(フラッシュ脱毛)で起こりえる副作用を知っておくことで、これから光脱毛(フラッシュ脱毛)を受けようと考えている人や現在進行形で光脱毛(フラッシュ脱毛)を受けている人も、もしもの時にすぐに対処することができるように副作用とその時の対策をまとめてみました。

光脱毛(フラッシュ脱毛)で起こりうる副作用と対策

光脱毛(フラッシュ脱毛)起こりうる副作用はいくつかありますが、皆さんが一番心配しているのは皮膚がんだと思います。しかしながら、光脱毛(フラッシュ脱毛)で利用する光は可視光線と言い、黒いメラニン色素に反応し、毛根そのものを破壊します。この光は赤外線に近い光です。皮膚がんの主な原因は紫外線です。光としての種類が異なるため、光脱毛(フラッシュ脱毛)でがんになるリスクが高まることはありません。

火傷

光脱毛(フラッシュ脱毛)で多い副作用は火傷です。この光の照射量が多ければ、多いほど火傷のリスクが高まります。一般的に初回の照射の時には弱めにして様子を見つつ、施術を行います。そのため、火傷が起こりえるとしたら2回目以降と考えられるでしょう。その人の体質や部位にもよりますが、外部からの刺激に敏感な箇所もあります。また、光脱毛(フラッシュ脱毛)の光は黒に反応します。日焼けした肌や間違えてほくろに照射してしまうと必要以上に光が反応し、火傷をしてしまいます。

対処法

  • 光の出力を弱くする
  • 一か所に集中して照射しない
  • 日焼けした肌には当てない。ほくろ部分には保護シールを張り、光の照射を避ける

硬毛化・多毛化

光脱毛(フラッシュ脱毛)を行うと毛は薄くなっていきますが、逆に以前よりも毛が太く・硬くなってしまったり、量が増えてしまうというケースもあります。詳しい原因はまだ解明されていませんが、所説によるともともと活性化していない毛根が光によって活性化してしまう場合があるようです。多毛化の場合のほとんどが、産毛や現在毛が生えていない毛穴からしっかりした毛が生えてくることになります。一方、レーザー脱毛の場合は、医療用の強い光のため、毛根が活性化すると言ことは合いません。エステや家庭用脱毛器の光は出力が弱めに設定されているので、このように逆に成長を働きかけてしまう場合があるようです。

対処法

  • 光の出力を強くし、活性化させない
  • パワーの強い医療用レーザー脱毛に切り替える

炎症を起こす

起こりやすい副作用でよくあることが術後の炎症反応です。火傷まではいきませんが、肌にヒリヒリとした感覚を感じてしまいます。

対処法

  • 施術後に患部を冷やし、普段からの化粧水や乳液で保湿する
  • 出来るだけ紫外線を浴びないように肌を保護する
  • あまりにも炎症が長引く場合は、医師に相談をする

汗をかき易くなった

ムダ毛がなくなったからと言って汗がかき易くなるということはありません。そのように感じるのは今までは汗をかいたとしてもそれが毛にせき止められて流れにくかっただけです。そのため、汗をかくというよりも今まで以上に汗を感じるようになったという表現が正しいと言えるでしょう。

対処法

  • こまめに汗を拭く
  • 脇には汗脇パットを、また、汗が目立ちにくい服を着る

その他光脱毛(フラッシュ脱毛)時に気を付けること

光脱毛(フラッシュ脱毛)にはこのような副作用がありますが、その他にもあらかじめ気を付けておくことで、脱毛後のリスクを減らすことができます。

顔を光脱毛(フラッシュ脱毛)する際のリスク

顔の産毛や眉間の毛は剃るのも面倒ですし、無くしておきたいですよね。しかし、顔の肌は他の部位と比較すると刺激に弱くダメージを受けやすいです。そのため、何回も光脱毛(フラッシュ脱毛)を重ねることで、ダメージが蓄積し、跡となって残ってしまう可能性があります。また、元々あったシミや色素沈着、傷、ほくろに照射をしてしまうとメラニン色素に反応し、火傷や今まで以上に目立ちやすくなってしまう可能性があります。

脱毛前に薬はNG

塗り薬はもちろんのこと、飲み薬もできるだけ摂取しないほうがいいでしょう。なぜかというと薬の中には光脱毛(フラッシュ脱毛)の光に敏感に反応し、赤みや炎症を引き起こしやすい物質が入っているものがあるからです。そのため、脱毛の2日前くらいから薬はなるべく摂取しないようにしておきましょう。もし、薬が必要な場合は、使用上の注意をよく読み、医師と相談してから脱毛を行うと安心かもしれません。

まとめ

光脱毛(フラッシュ脱毛)は紹介した副作用や顔への照射、薬との併用など様々な注意点があります。そのため、些細な変化に気づいたら施術を中止する、事前にどのような副作用があるかを知っておくことが大切です。