キャビテーション

キャビテーションの副作用をおさらい!こんな人はやっちゃダメ!

美容機器を利用する際に心配なのが、副作用。
例えば、レーザー系の美顔器などのマイナス評価を見ると火傷や肌荒れなどのダメージを書かれている方ももちろんいます。

キャビテーションは脂肪吸引と比べると痛みもなく、ダウンタイムもないため、人気の痩身術です。
家庭用キャビテーションマシーンの場合は、1回の買い切りそのため、時間をかけて何度も行うことができるので、エステと比較すると経済的ですが、実際に副作用はあるのでしょうか?

 

キャビテーションマシーンは使用頻度のを守ることが重要

エステサロンはスタッフが丁寧にケアしてくれるため、任せるだけでいいので、非常にキャビテーションを行うことができます。
家庭用キャビテーションマシーンは自分で行わないといけない手間はもちろんありますが、
基本的に説明書やネットにアップされている正しい施術方法を行えば、効果は実感することができます。

 

また、使用頻度を守ることも重要です。
機器によって個体差はありますが、おおよそ1週間に2回程度を継続的に行うことで効果を発揮します。
毎日使用すれば、効果がアップするかといわれるとそういうこともありません。
施術後、3日間は脂肪細胞が乳化し、対外に排出されやすい状況にありますので、運動や水分補給をしっかり取り組んでみましょう。

 

家庭用キャビテーションマシーンは超音波を身体に当てる比較的新しい痩身方法。
なので、何かしたらの副作用があるのではないのかと思ってしまう人もいると思います。

ところが、医学的にもキャビテーションは身体にとって重大な副作用や後遺症といった報告は確認されていません。

 

照射する超音波の周波数が、皮膚、筋肉、骨、血管には影響を与えず、脂肪細胞のみに働きかけることは臨床実験で認証済です。

 

しかしながら、人によっては以下のような症状が起こるケースがあります。

 

耳鳴り→超音波での施術のため、骨に響いていキーンと耳鳴りする場合がありますが、これは脂肪の分解が成功しているという証拠でもあります。しばらくしたら音はやみますので、我慢しましょう。

肝臓への負担→溶けて乳化した脂肪細胞は肝臓を通ってさらに分解され、尿とともに体外に排出されます。
そのため、普段よりも肝臓に負担を抱えてしまうため、元々肝臓が弱い人にはさらに負担をかけるため、おすすめしません。
また、キャビテーションの前後にアルコールを摂取するとさらに肝臓に負担がかかってしまうので、飲酒はやめましょう。

胃腸の不調→施術後、胃腸の不調や下痢になる場合がまれにありますので、前後の1時間は食事を控えましょう。

 

エステサロンのキャビテーションマシーンと比較すると家庭用キャビテーションマシーンは安全性の面から弱いラジオ波が流れるよう設計されています。
ほとんどの人はそれに伴う副作用は起きませんが、まれに以下のような人には身体の痛みやかゆみ、異変を感じることがあります。

妊娠中の方、子宮に疾患がある方、心臓疾患や高血圧患者、ペースメーカー使用者

このような方はあらかじめ担当医師に使用の許可をとるか、メーカーに利用の可否を連絡するのが、ベストです。

 

顔へのキャビテーションは危険?

顔の脂肪を取ることにより、小顔効果を期待できますが、
耳に近い部分にキャビテーションを行うことで、骨振動による耳鳴りがより、感じやすくなってしまう可能性があります。
また、リフトアップのような小顔効果を期待することはできません。
有効なのは二重あごなどの目視ではっきり分かるような脂肪に対しては有効です。
ただし、出力は低めに設定し、時間をかけてゆっくり行いましょう。

 

まとめ
家庭用キャビテーションマシーンは自宅でも手軽に特殊な知識なく、安全に行える半面、
サロンと比べて効果が実感しにくいというデメリットもあります。
しかしながら、その分、安価で何度でも行えるため、低価格で中長期的に行うことが重要と言えるでしょう。