キャビテーション

キャビテーションとは?その痩せる原理を徹底解説!

気になる脂肪。痩せたいという願望は誰しも持っています。現在「針のいらない脂肪吸引」「切らない痩身術」として注目を浴びているキャビテーション。セルライトに特に効果があるため巷ではやりたいと非常に評判が高い痩身術です。そこで今回はこのキャビテーションがどのような原理で痩せるのかを詳しくご紹介します。

キャビテーションとはどんなものか

そもそもキャビテーションとは物理学の言葉で船のスクリュー部分によって小さな気泡が生じて、その中をスクリューがー回転しても期待したスピードが出ない現象の事をキャビテーションといいます。

キャビテーション(英: cavitation)は、液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象である。空洞現象とも言われる。

この現象は19世紀末に、高速の舶用プロペラが、予想された性能を発揮しなかったことから発見された。

引用:wikipediaより

そして超音波でもこのキャビテーションの現象を再現できます。よくメガネ屋さんに置いてある、超音波をつかってメガネをキレイにする機械はキャビテーションの原理を利用したものです。

エステで使われるキャビテーションとは

今回の主題であるエステなどで使われる痩身術のキャビテーション。こちらは超音波によって脂肪やセルライトに気泡を発生させて分解、乳化させる方法です。

部分痩せに向いている理由

saya0I9A4189072170014_TP_V

キャビテーションは超音波で脂肪やセルライトを乳化させ、そのものを破壊するのでリバウンドも少なく、キャビテーションを施す部分だけ効果があるので、痩せたいとことだけの痩身が可能なのです。

また脂肪吸引などはメスを使ったり、ハリを入れたりするので多少の傷みが伴います。しかしキャビテーションは脂肪に直接働きかけるため痛みはないのです。

乳化させるだけで大丈夫なの?

キャビテーションは乳化させ脂肪を分解する効果がありますが、実はそれだけでは効果が薄いのです。キャビテーションの効果を活かすには、分解した脂肪を体外に排出する必要があります。リンパを通じての排泄又は有酸素運動などで体内消費する必要があります。

しかし、ただ運動をするだけとは違い脂肪が落ちるまでの効果は早いと評判で、ここまで話題になっているというわけです。

実際に脂肪にどういう働きがあるのか

キャビテーションはエステの他に家庭用のものもあります。そしてその家庭用キャビテーションでも効果が得ることができます。実際に脂肪がどうなるかの検証画像をご覧ください。

上記の画像では脂肪が非常に柔らかくなっていることがわかると思います。当てるだけで脂肪が柔らかくなります。そして運動やリンパを通して排出することで脂肪がなくなるということです。

家庭用がおすすめされている理由

キャビテーションはブライダルエステでも注目を浴びていますが、家庭用のキャビテーションでも十分効果が得られると言われています。上記の画像でも分かる通り、しっかりと脂肪への働きかけは行われます。キャビテーションなどは継続するのが鍵となりますので頻繁にエステサロンに通えない人にとってはむしろ家庭用の方が良いのです。

>>おすすめの家庭用キャビテーションはこちらから<<

今回のまとめ

  • キャビテーションは元々物理用語
  • エステのキャビテーションは超音波を利用している
  • 部分ごとに超音波を当てるため、部分痩せに最適
  • 継続することと、リンパの流れで排出や有酸素運動をプラスですることでより効果が出てくる

 

今回はキャビテーションとは何?という疑問の内容でした。キャビテーションは特に怪しいものでも危険なものでもありません。超音波を利用し直接脂肪やセルライトに働きかけ、より落ちやすいよう働きかけてくれるものです。

みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。