キャビテーション

セルライト除去で内出血やあざができてまったら

エステサロンでセルライト除去のマッサージを行うと内出血で太ももや脚があざだらけになってしまうことが多いです。実はこのような悩みを抱えている人は多く、ここではなぜセルライトのマッサージで内出血やあざができやすいのか。その原因と対策をご紹介していきます。

ローラーやマッサージで無理やり潰すのはダメ

セルライトができやすい人の多くはちょっとぶつけただけでアザができてしまうという特徴があります。これはセルライトによって元々あった毛細血管が圧迫され、もろくなっていることを表しています。そのため、マッサージなどを行ったとしてもすぐに内出血を起こしてしまいがちです。

エステサロンでのマッサージは非常に強く揉み込むため、痛みを伴い、内出血を起こす場合がありますが、プロの観点からセルライトを的確に潰すため、例え内出血が多少できたとしても回数を重ねていくうちに少しずつセルライトがなくなっていきます。

しかし、自宅で見よう見まねで、セルライトを自分で潰していくとセルライトの除去もうまくいかずに内出血状態になり、身体に負担がかかってしまいます。内出血は毛細血管が傷ついたり、破れたりすると起こります。セルライト除去のマッサージは確かに強く揉み込む必要がありますが、内出血が出てしまうほど、してしまうは内出血が痣となり残ってしまうかもしれないので、注意しましょう。美顔ローラーを使ってのセルフケア方法も紹介されていますが、素人がやってそうそううまくいくものではありませんので、あまりおすすめはできません。

セルライト除去にはキャビテーションが効果的

セルライトは脂肪と老廃物が結合して固くなってしまっている状態です。これをそのまま潰そうとすると接している毛細血管も傷つける可能性が高いです。そこで、キャビテーションを使って、脂肪を溶かしてしまいましょう。

キャビテーションは特殊な超音波を使って脂肪を乳化させて柔らかくすることができる痩身術です。副作用は特になく身体に触れることなく、脂肪を分解することができます。セルライトの場合、老廃物と結合した脂肪が分離し、それぞれリンパや血液に溶け込みます。溶け込んだそれらは肝臓で分解され、尿として対外に排出されます。

さらにセルライトが柔らかくなった状態で、マッサージを行うと脂肪の燃焼を早める効果を高めることができ、相互効果を期待することができます。

まとめ

セルライト自体は普通の脂肪と同じで身体への悪影響は少ないですが、見た目も悪く、そして毛細血管を圧迫している影響からか少しぶつけたり、揉んでしまっただけでも内出血を起こし、痣ができやすくなっています。このような状況では無理やりマッサージによる施術で痛みや身体への負担を与えるよりも、キャビテーションをして直接脂肪を分解していくほうが賢明かと思います。今までセルライトに悩んでいる方は是非ともキャビテーションによるケアを検討してみてはいかがでしょうか。