キャビテーション

キャビテーションを顔にするのは危険?気をつけなければいけない事

脂肪に超音波をあてて脂肪を柔らかくし、燃焼しやすくするエステ法のキャビテーション。切らない脂肪吸引として注目を浴びています。また全身に施術が可能ですので、背中周りやデリケートゾーンにも使えるとあってブライダルエステでもよくされる施術方法です。

全身にも使えるので顔にも使えるのか?という疑問にもお応えいたします。

顔は危険??顔にキャビテーションを行う際の注意点。

顔はむくみやすい部分で、脂肪も付いています。結論から言うと顔へのキャビテーションは可能です。とくに顔は血流を良くしてむくみ解消や脂肪分解ができるので顔やせ(小顔)や美肌の効果も期待できます。更には顔全体のリフトアップや肌理が整ったり、クマがなくなったり、いいことずくめです。

しかし副作用は他の部位よりも大きいのです。

顔にキャビテーションを施術した場合の副作用とは

キャビテーションは超音波で振動をさせ燃焼させたり柔らかくするものです。しかしデリケートな顔にはいくつか危険もあります。例えば、細かい振動をしているので脳が揺れ脳震盪に似た症状や気分不良などが現れることがあります。また、耳付近での使用では耳鳴りが残る可能性も。

エステサロンの選び方

saya0I9A4189072170014_TP_V

現在ではキャビテーションの技術や知識が向上しているので上記のことがないように、エステサロンも適切な施術を行ってくれるところが多いです。そして施術では顔へのキャビテーションは振動数の弱いタイプ(顔専用のキャビテーション)を使っているところが多いです。

サロンごとによって違いますので、専用のコースなどを受けられるサロンなどを利用することが大切です。

まとめると……

  • 顔へのキャビテーションは振動が強すぎるため気分不良などの副作用を起こす
  • 専用のコースを設けているエステサロンが安心感がありおすすめ

施術が行えないケースもある

キャビテーションはもともと脂肪を燃焼(脂肪を柔らかく)する施術です。ですので小顔になりたい!と思っていても脂肪が付いていなければ施術が行えないケースがあります。自分の顔に抱えるコンプレックスの原因が脂肪の場合は施術を受けられるでしょう。例えば、脂肪が原因の2重あごや脂肪が原因での大きさなどです。

しかし顔へのキャビテーションは安全性などに懸念があるためしっかりと信頼できるサロンでしっかりと相談した上で行いましょう。

自宅でやるにはどうすればいいの?

fregthdyjrset_TP_V

キャビテーションは自宅でできる家庭用などが売られています。もちろん細心の注意をすれば、顔への使用も可能でしょう。しかしお腹などへのキャビテーションの効果が高い商品ほど、刺激が強いということになります。多くの商品には顔での使用で刺激が強いと感じる場合は使用を控えるよう注意書きがあります。

ですので長時間使用しないや耳付近には使用しない事に注意し、利用していきましょう。

まとめ

  • 顔へのキャビテーションは行える
  • 安全性も懸念されているため信頼できるサロン(専用コースがあったり口コミがよかったり)でよく相談をして行う
  • 家庭用は少しでも違和感を感じる場合は使用しないほうがいい
  • 実際に行った場合の効果は高いといえる

いかがでしたでしょうか。実際に顔の脂肪は落ちにくく、それでいて目につく箇所ですのでできるだけ落としたいですよね?しかし安全に落とすことが第一なので、まずは顔のマッサージや顔のストレッチを行いどうしても落ちない場合に初めて検討してみてはいかがでしょうか。