キャビテーション

気になるふくらはぎの太さ!キャビテーションで細くなるって知ってますか?

部分痩せの中でも痩せにくい場所があります。それはふくらはぎ。露出する事が多いふくらはぎは、スカートなどを履くことが多いと気になる場所です。このふくらはぎが太いことに関しては筋肉太りとセルライトなどの脂肪によるものの2パターンあります。今回はキャビテーションでふくらはぎが痩せられるのかを詳しく解説していきます。

キャビテーションに関しての詳細は下記から

公式サイト:http://item.rakuten.co.jp/

ふくらはぎが太くなってしまう原因の3つ

150711109603_TP_V

ふくらはぎが太くなってしまうのにはいくつかの原因があります。大きく分けて3つあります。

むくみ

冷えだったり立ち仕事が原因で代謝が悪くなってしまい、むくんでしまうことが原因と言われています。

筋肉

足を使う運動を行っていた場合、筋肉が発達してしまい、太くなるパターンです。またしばらく運動していなくてもふくらはぎの筋肉は細くなりにくい部分です。

脂肪

太くなる原因としてはやはり脂肪が原因の場合が多いです。またふくらはぎはセルライトがたまりやすい箇所でもあります。

運動によって太くなった足に対する対策

学生時代に行っていた運動で足に筋肉がつきそれが落ちないパターン。運動をしていた時代はそれが強さにもなるのでアレばあるだけいいですが、おとなになって運動をしなくなってファッションに目覚めた時にその太くなってしまった筋肉は邪魔ですよね。細くする=運動ですが、そもそも運動でついてしまった場合はどうなのか……。

筋肉太りの原因

筋肉は脂肪です。

何を言っているかわからないと思いますが、筋肉太りの仕組みからご説明します。

もともと運動でついた筋肉は継続していないと当然落ちてしまいます。そうすると代謝が落ち脂肪がつきやすい体になります。そして、問題なのは筋肉量が落ちていく段階んで筋肉と筋肉の間に脂肪細胞が溜まってしまいます。そして、老廃物がそこに溜まるためなかなか落ちづらい厄介な脂肪が出来上がってしまいます。リンパの流れも悪くなりはってしまって太くなってしまうということです。

対策は?

脂肪に直接働きかけるキャビテーションが1番おすすめです。

キャビテーションは超音波によって、直接脂肪細胞に働きかけます。前述の筋肉と筋肉の間に溜まってしまっている脂肪細胞にも例外なく働きかけることができ、効果としては期待できます。

運動でついた筋肉を落とすために運動をするのはあまり効率的ではありません。

セルライトなどで太くなってしまったふくらはぎに対する対策

筋肉太りの場合はある程度引き締まって見えるので、見栄えはそこまで悪く無いですが、脂肪によって太くなった場合はたるんでみえるためだらしない形になります。

そしてダイエットの時に1番厄介なのがセルライトです。落ちにくくなった脂肪の塊なので、普通の運動ではなかなか落ちません。見た目も凸凹があるあしになってしまうためよくありません。

対策は?

膝裏にリンパの流れが集中している箇所があるため、ふくらはぎをマッサージする際に膝裏のリンパまで流すと効果的です。さらにキャビテーションで脂肪に直接働きかけ乳化させれば、そこについているセルライトも同時に解消することができます。

手軽にふくらはぎを細くする方法とは

legs-1031318_1280

筋肉の中についてしまった脂肪や、セルライトなどがついてしまった脂肪など、ふくらはぎの悩みに関することの多くはキャビテーションで解消できます。マッサージを長い期間かけて行うのが手間と感じる方はキャビテーションを行うのがいいでしょう。また家庭用キャビテーションならば全身にも使えるし、エステサロンに行くよりも安価で行えるのでおすすめです。

家庭用キャビテーション

ふくらはぎは他の部位と比べて日常的に使う箇所です。エステサロンに通うとなると筋肉の疲労などにも影響してしまうため自宅でのケアが効果的と言えるでしょう。

自宅で10分程度好きな時に行えます。またお腹などにも使用できるのでコスパを考えるとおすすめです。

capture-20160711-161226

>>家庭用キャビテーションの詳細はこちらから<<